※※LINEに関する重要なお知らせ※※
!!!絶対に読んで!!!
!ここをタップ!

阿波おどり杯争覇戦2020開設70周年記念(小松島競輪G3)の予想!速報!出場選手、賞金、展望、アクセス情報まとめ

阿波おどり杯争覇戦2020開設70周年記念(小松島競輪G3)アイキャッチ

阿波おどり杯争覇戦2020開設70周年記念(小松島競輪G3)の予想

阿波おどり杯争覇戦2020開設70周年記念(小松島競輪G3)とは

競輪場の開設を記念して各競輪場で毎年度1回行われるG3競走であり、年(1〜12月)に約40節開催される。

各競輪場ごとに「○○賞」や「××カップ」といった呼び名があり、それぞれの地元で定着しているものが多い。

小松島競輪場で開催される開設記念競輪が阿波おどり杯争覇戦だ!

また、各地区からS級選手の各1名が出場し、合計7名で争われる「S級企画レース」も開催されるぞ!

阿波おどり杯争覇戦2020開設70周年記念(小松島競輪G3)の開催期間

2020年7/2(木)〜5(日)

阿波おどり杯争覇戦2020開設70周年記念(小松島競輪G3)の出場資格

S級選手のうち108名が斡旋される。
特に規定はないが、ホームバンクとする選手が多く斡旋される傾向にある。

阿波おどり杯争覇戦2020開設70周年記念(小松島競輪G3)の出場選手

早速選手を見ていこう!
級班 地区 選手名 期別
SS 松浦悠士 広島 98
SS 清水裕友 山口 105
S1 岩津裕介 岡山 87
S1 河端朋之 岡山 95
S1 三宅伸 岡山 64
S2 片岡迪之 岡山 93
S2 高田大輔 岡山 97
S2 藤原俊太郎 岡山 111
S2 友定祐己 岡山 82
S2 黒田淳 岡山 97
S2 小川巧 岡山 57
S2 西田雅志 広島 82
S2 吉永和生 広島 80
S2 大屋健司 広島 87
S2 佐伯辰哉 広島 109
S2 古城英之 広島 78
S2 富弥昭 山口 76
S2 久保田泰弘 山口 111
S1 福島武士 香川 96
S1 小川真太郎 徳島 107
S1 島川将貴 徳島 109
S1 小倉竜二 徳島 77
S1 原田研太朗 徳島 98
S1 太田竜馬 徳島 109
S1 佐々木則幸 高知 79
S1 濱田浩司 愛媛 81
S2 宮本佳樹 香川 78
S2 原誠宏 香川 91
S2 久米康平 徳島 100
S2 山形一気 徳島 96
S2 小川丈太 徳島 111
S2 吉岡篤志 徳島 82
S2 青井賢治 徳島 81
S2 坂田章 高知 93
S2 山中貴雄 高知 90
S2 掛水泰範 高知 98
S2 栗田貴徳 愛媛 93
S2 吉武信太朗 愛媛 107
S2 吉田智哉 愛媛 111
S2 大崎飛雄馬 愛媛 88
SS 中川誠一郎 熊本 85
S1 大坪功一 福岡 81
S1 北津留翼 福岡 90
S1 坂本亮馬 福岡 90
S1 柳詰正宏 福岡 97
S1 山田庸平 佐賀 94
S1 山崎賢人 長崎 111
S1 大塚健一郎 大分 82
S2 山口貴嗣 福岡 82
S2 阿部兼士 福岡 93
S2 桑原亮 福岡 91
S2 津村洸次郎 福岡 101
S2 坂本晃輝 佐賀 81
S2 山口貴弘 佐賀 92
S2 佐藤幸治 長崎 92
S2 萱島大介 大分 99
S2 牧剛央 大分 80
S2 大西貴晃 大分 101
S2 佐方良行 熊本 97
S2 上田尭弥 熊本 113
S2 西川親幸 熊本 57
S2 新納大輝 鹿児島 103
S2 上吹越直樹 鹿児島 86

阿波おどり杯争覇戦2020開設70周年記念(小松島競輪G3)の賞金

優勝賞金は360万円、賞金総額は6390万3000円。
これとは別に日当・出走手当等が別途支給される。

阿波おどり杯争覇戦2020開設70周年記念(小松島競輪G3)の展望

以下、公式サイト引用

松浦悠士、清水裕友の黄金タッグ

7車立9レース制で行われる初の記念開催。
初日は特選1個レース、予選1が8個レース、2日目は予選2が9個レース行われ、2日間の合計ポイント上位21名が準決に進出するシステム。しかも西日本一色のメンバー構成だ。

通常の記念開催とは大きく異なるが、シリーズをリードするのは今年のビッグレースを席巻してきた松浦悠士、清水裕友の中国黄金コンビだろう。

全日本選抜で松浦が駆けて番手の清水が初タイトルをゲットすると、ウィナーズカップは清水が逃げて番手の松浦が初V。更に全プロ記念のスーパープロピストレーサー賞では清水が先行して番手の松浦がV。6月久留米記念の決勝は逃げた松浦を清水がG前差してワンツー決着。
番手がきっちりチャンスをものにするだけでも大変なことだが、ワンツーまで決めたのだから見事というほかはない。両者の前後は流動的なので、番手を回るほうがVに最も近いとみて中心視すべきだろう。

もちろん、小倉竜二が束ねる地元の徳島勢も黙ってはいない。
これ以上は望めぬほどの充実のラインナップで、太田竜馬、原田研太朗、小川真太郎、島川将貴、久米康平と若手の自力型がズラリとそろっている。

中でも注目を集めるのは大会連覇を狙う太田だ。昨年は当所を含め記念開催で4Vを達成したが、今年はGレースで目立った成績を残していない。調子の上積みができるかが浮沈の鍵となりそう。

対照的に原田は十八番のまくりが冴え渡っている。取りこぼしも散見するものの、今年の勝率は47%と高く、ウィナーズカップは準決1着で決勝に乗っている。展開が向けばものにできる状態だ。
小川は俊敏な立ち回りで勝ち星が多く今年は2V、6月久留米記念1⑤⑤①着で今年の勝ち星を14まで伸ばした。
島川は自力攻撃に一段と磨きがかかった。6月久留米記念では1⑥①②着と3連対を果たしている。層が厚い地元勢から優勝者が出ても不思議ではない。

松浦悠士(まつうらゆうじ)選手

阿波おどり杯争覇戦2020開設70周年記念(小松島競輪G3)2

清水裕友(しみずひろと)選手

阿波おどり杯争覇戦2020開設70周年記念(小松島競輪G3)3

小倉竜二(おぐらりゅうじ)選手

阿波おどり杯争覇戦2020開設70周年記念(小松島競輪G3)4

阿波おどり杯争覇戦2020開設70周年記念(小松島競輪G3)のアクセス

開催競輪場

小松島競輪場

住所

〒773-0006 徳島県小松島市横須町5-57

電話番号

0885-32-0290

車でのアクセス

徳島ICから国道11号を南へ直進(国道11号は徳島市内で国道55号に変わります)約20分、日開野町の交差点を左折し、県道33号を直進約8分、小松島市役所の前を直進し、「小松島競輪場」と書かれた黄色のアーチのすぐ近く

電車でのアクセス

JR牟岐線「南小松島駅」から徒歩で約10分

小松島競輪場についてここで詳しくまとめてるから見てねー

小松島競輪場(小松島けいりん)完全攻略!アクセス、施設、コース、バンクデータを分析!徹底検証!【競輪の稼ぎ方】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。