※※LINEに関する重要なお知らせ※※
!!!絶対に読んで!!!
!ここをタップ!

金亀杯争覇戦2021開設71周年記念(松山競輪G3)の予想!速報!出場選手、賞金、展望、アクセス情報まとめ

金亀杯争覇戦2021開設71周年記念(松山競輪G3)アイキャッチ

金亀杯争覇戦2021開設71周年記念(松山競輪G3)の予想

金亀杯争覇戦2021開設71周年記念(松山競輪G3)とは

競輪場の開設を記念して各競輪場で毎年度1回行われるG3競走であり、年(1〜12月)に約40節開催される。

各競輪場ごとに「○○賞」や「××カップ」といった呼び名があり、それぞれの地元で定着しているものが多い。

松山競輪場で開催される開設記念競輪が金亀杯争覇戦だ!

金亀杯争覇戦2021開設71周年記念(松山競輪G3)の開催期間

2021年1/21(木)〜1/24(日)

金亀杯争覇戦2021開設71周年記念(松山競輪G3)の出場資格

S級選手のうち108名が斡旋される。
特に規定はないが、ホームバンクとする選手が多く斡旋される傾向にある。

金亀杯争覇戦2021開設71周年記念(松山競輪G3)の出場選手

早速選手を見ていこう!
級班 地区 選手名 期別
SS 北日本 守沢太志 96
SS 南関東 郡司浩平 99
SS 中国 松浦悠士 98
S1 北日本 佐藤康紀 73
S1 北日本 佐藤友和 88
S1 北日本 渡辺一成 88
S1 北日本 渡部幸訓 89
S1 関東 芦沢大輔 90
S1 関東 雨谷一樹 96
S1 関東 金子真也 69
S1 関東 小林大介 79
S1 関東 柿沢大貴 97
S1 南関東 成清貴之 73
S1 南関東 山中秀将 95
S1 南関東 萩原孝之 80
S1 中部 吉田茂生 98
S1 中部 柴崎俊光 91
S1 中部 坂口晃輔 95
S1 中部 北野武史 78
S1 近畿 小森貴大 111
S1 近畿 川村晃司 85
S1 近畿 山田久徳 93
S1 近畿 三谷将太 92
S1 近畿 東口善朋 85
S1 中国 三宅達也 79
S1 中国 筒井敦史 85
S1 中国 取鳥雄吾 107
S1 四国 島川将貴 109
S1 四国 渡部哲男 84
S1 四国 橋本強 89
S1 四国 佐々木豪 109
S1 四国 松本貴治 111
S1 九州 松尾信太郎 92
S1 九州 林慶次郎 111
S1 九州 山田庸平 94
S1 九州 大塚健一郎 82
S2 北日本 佐藤和也 95
S2 北日本 坂本周輝 100
S2 北日本 高木翔 105
S2 北日本 荻原尚人 89
S2 北日本 中田雄喜 97
S2 北日本 山崎将幸 92
S2 北日本 佐伯翔 97
S2 関東 山岸佳太 107
S2 関東 飯嶋則之 81
S2 関東 山口貴弘 84
S2 関東 矢口啓一郎 86
S2 関東 伊藤亮 92
S2 関東 岡田征陽 85
S2 関東 小林泰正 113
S2 関東 中田健太 99
S2 関東 小峰烈 98
S2 関東 宮下貴之 81
S2 関東 佐藤真一 79
S2 南関東 高橋雅之 90
S2 南関東 須藤誠 92
S2 南関東 山本紳貴 107
S2 南関東 斉藤竜也 73
S2 南関東 上野真吾 93
S2 南関東 菅原裕太 100
S2 南関東 荻野哲 75
S2 南関東 植木和広 98
S2 南関東 簗田一輝 107
S2 南関東 大塚玲 89
S2 南関東 土屋裕二 81
S2 中部 伊藤正樹 71
S2 中部 佐藤亙 85
S2 中部 永井清史 88
S2 中部 森川大輔 92
S2 中部 笹倉慎也 91
S2 中部 松岡篤哉 97
S2 中部 松崎貴久 82
S2 近畿 渡辺航平 79
S2 近畿 中井俊亮 103
S2 近畿 藤田勝也 94
S2 近畿 石塚輪太郎 105
S2 近畿 前田拓也 71
S2 近畿 肥後尚己 83
S2 中国 藤田昌宏 82
S2 中国 柳谷崇 87
S2 中国 小玉拓真 98
S2 中国 坂本修一 99
S2 中国 吉本哲郎 84
S2 中国 佐伯亮輔 113
S2 中国 大川龍二 91
S2 中国 西田雅志 82
S2 中国 大瀬戸潤一郎 95
S2 四国 近藤誠二 80
S2 四国 福島武士 96
S2 四国 久米良 96
S2 四国 野本翔太 91
S2 四国 門田凌 111
S2 四国 外田心斗 115
S2 四国 坂田章 93
S2 四国 吉田智哉 111
S2 四国 上田学 69
S2 四国 薦田将伍 113
S2 九州 加倉正義 68
S2 九州 原口昌平 107
S2 九州 坂本晃輝 81
S2 九州 金ヶ江勇気 111
S2 九州 嘉永泰斗 113
S2 九州 屋良朝春 94
S2 九州 牧剛央 80
S2 九州 久島尚樹 100
S2 九州 屋宜浩二 97
S2 九州 塚本大樹 96
S2 九州 上吹越直樹 86

金亀杯争覇戦2021開設71周年記念(松山競輪G3)の賞金

優勝賞金は360万円、賞金総額は6390万3000円。
これとは別に日当・出走手当等が別途支給される。

金亀杯争覇戦2021開設71周年記念(松山競輪G3)の展望

以下、公式サイト引用

総合力高い松浦悠士

総合力上位の松浦悠士がシリーズをリードする。昨年は8月オールスターで通算2度目のG1制覇。最強のオールラウンダーとして年間を通して圧巻のパフォーマンスを披露した。年末の平塚グランプリは不発に終わったが、気持ちを新たに再スタートを切る。2年連続のS級S班として迎える今年はさらに進化を遂げる。4日間、主役の座は譲らない。

四国勢はメンバー次第で松浦との連係がありそう。ラインをけん引するのは松本貴治と島川将貴だ。松本は11月当地F1で完全優勝を飾っている。12月佐世保記念は二次予選で落車に見舞われたが、直後の1月広島F1では逃げ切りで新春Vと不安を一掃している。地元記念は3年連続3度目の出場。まずは決勝までしっかり勝ち上がる。島川は20年に大きく飛躍したひとり。今シリーズもスケールの大きな走りを見せる。追い込み型は橋本強、渡部哲男がV候補に挙げられる。橋本は落車禍に見舞われながらも10月寬仁親王牌ではG1初優出を決めている。2年前の当地記念は準優勝と健闘。記念初優勝は目前だ。渡部は流れさえ向けば勝てる準備はできている。2年ぶり3度目の地元記念制覇へ全身全霊をかけて臨む。

郡司浩平が松浦と双璧をなす存在だ。20年は記念優勝4回。そして11月の競輪祭で待望のG1初制覇と充実の1年だった。勢いそのままに21年も突っ走る。初戦の1月立川記念は危なげなく優出。決勝は先行策に出るなど、しっかり動けていた。今シリーズも先行も辞さない隙を逃さない仕掛けでライバルたちをねじ伏せよう。成清貴之は安定した戦いぶりが光っている。郡司の番手なら勝機はありそう。萩原孝之は今年初戦の奈良F1で失格したぶんを取り返すべく全力を出し切る。

渡邉一成、守澤太志、佐藤友和の北日本勢も強力。渡邉はビッグ戦線で存在感がやや薄れてきたが、スピードはまだまだ健在だ。最近はバック数も増えるなど仕掛けが早い。守澤は20年のG1で優出2回。賞金ランク9位で最後のグランプリ出場枠を獲得した。S班として迎える今年はプレッシャーも大きいが、責任感と誇りを持って戦う。佐藤は目立った活躍こそないが、状態は上向いてきている。

山田久徳、東口善朋の近畿勢も侮れない。山田はまくりを主武器に多彩な戦法を上手く使い分けている。東口は1寬仁親王牌で決勝3着と大健闘。その後も好調を維持している。強襲劇は見逃せない。

坂口晃輔は昨年の終盤戦に落車が続いたが、幸い大きなダメージはなかった。シャープな差し脚を武器に、高いレベルで安定している。展開不問で突っ込めそうだ。

寬仁親王牌でG1初優出を経験した山田庸平も忘れてはならない。今年は初戦の久留米F1の初日に落車失格。最悪のスタートになってしまったが、結果を出して取り返すしかない。

松浦悠士(まつうらゆうじ)選手

金亀杯争覇戦2021開設71周年記念(松山競輪G3)1

郡司浩平(ぐんじこうへい)選手

金亀杯争覇戦2021開設71周年記念(松山競輪G3)2

守澤太志(もりさわふとし)選手

金亀杯争覇戦2021開設71周年記念(松山競輪G3)3

金亀杯争覇戦2021開設71周年記念(松山競輪G3)のアクセス

開催競艇場

松山競輪場

住所

〒790-0948 愛媛県松山市市坪西町796-6

電話番号

(089)965-4300

車でのアクセス

伊予鉄余戸駅下車、徒歩15分

電車でのアクセス

JR市坪駅下車、徒歩5分

松山競輪場についてここで詳しくまとめてるから見てねー

松山競輪場の特徴!完全攻略!アクセス、施設、コース、バンクデータを分析!徹底検証!【競輪の稼ぎ方】

競輪って自分予想で継続的に利益出していくのって難しいよね。

うまい人はそれで小遣いくらいにはなるかもだけど、
「競輪で飯を食う」
「競輪で安定的に稼ぐ」
「競輪だけで生活する」
とか考えると自分予想だと中々難しいよね。

俺も昔はダメで今は競輪予想サイト使って安定的に稼いでるよ

大体月の利益は平均300万円くらいかな!

競輪で稼ぎたい人は俺にLINEしてきて!

競輪で稼ぎたい人達だけで情報共有しながらゆるーくやってるから!

下の「友達追加」ってボタンから俺にLINE送れるよ!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。