8月月間利益:¥3,100,670
9月18日更新!勝の車券購入結果を大公開!競輪ギアの実績

原大智はなぜ競輪選手に?競輪学校の成績掲載!平昌五輪モーグル銅から競輪に転身!

原大智アイキャッチ

原大智選手の紹介

原大智1

今回は、2018年平昌オリンピックのスキーモーグル銅メダリスト原大智選手を紹介するぞ!

 

実は原大智選手、現在はプロの競輪選手を目指して、養成学校に入学している。

 

なぜ、モーグルでオリンピック銅メダリストの原選手が突然競輪学校に入学したのか、今回はその理由について探っていこう!

どんな選手かさっそく見ていこう!

原大智選手のプロフィール

原大智(はらだいち)

フリースタイルスキーモーグル選手
2018年平昌オリンピック銅メダリスト
生年月日:1997年3月4日(22歳)
日本競輪選手養成所:117回生
出身:東京都
所属:宮城県
好きな食べ物:カレー・丼ぶり
嫌いな食べ物:豆

原大智選手の経歴

原大智3

両親の影響で3歳からスキーを始め、小学校6年生の時にモーグルと出会い競技として始める。

 

16歳の時に単身でモーグル強豪国のカナダに渡り、CSBA(カナディアン・スポーツ・ビジネス・アカデミー)に4年間留学。

カナダ留学が功を奏し、国内だけでなく海外でも確かな成績を収めたんだ!

・2015年全日本選手権:優勝

 

・2017年冬期アジア札幌大会:2位

 

・2019年ワールドカップ:3位

 

・2019年世界選手権:3位

2018年2月12日には、平昌オリンピックのフリースタイルスキー男子モーグル決勝で82.19点を記録して銅メダルを獲得し、冬期オリンピックにおけるフリースタイルスキー競技の男子種目で日本人として初の表彰台に立った。

2019年4月5日、日本競輪学校(現在は日本競輪選手養成所)の第117回生徒特別入学試験に合格した。

 

同年5月9日に入所し、候補生として訓練・研修を受けている。

モーグル競技は引退したわけではなく、競輪選手になるために一旦休業しているだけみたいだよ!

原大智2

原大智選手はなぜ競輪選手を目指しているのか

2014年頃に多くのトップアスリートを担当しているトレーナーより競輪選手への誘いを受けたことがきっかけ。

 

「甘くない世界だろう」と断り続けていたが、「お前ならいける」と熱心に誘われるうちに競輪への思いが芽生えてきたそうだ。

 

2018年8月に現在の師匠である和田圭選手を紹介された際に、競輪選手の凄さに圧倒され受験を決意した。

モーグルと競輪なんて全く違うスポーツなのに、両立しようと踏み出せることが凄いよなー
流石、一流のスポーツマン、見てる世界が違うねw

原大智4

原大智選手の競輪学校の成績

原大智5

養成所では、記録会が年3回、数日にかけて行われる。

 

また、この3回全てが卒業認定考査の対象となっている。

以下で原大智選手の3回全ての記録をまとめてみたよ!

卒業基準タイム
200m 12.00以内
1000m 1’13.00以内

第1回記録会
2019年5月23日~24日
200m 12.13 71位
400m 25.08 72位(最下位)
1000m 1’14.44 70位
3000m 4’07.04 48位

 

第2回記録会
2019年9月2日~9月4日
200m 11.29 58位
400m 23.45 60位
1000m 1’13.20 70位
3000m 4’05.36 53位

 

第3回記録会
2020年2月3日~4日
200m 11.56 55位
400m 24.27 順位不明
1000m 1’10.68 60位
3000m 未実施

第2回記録会の際には、1000mが基準をクリアできずに退所の危機となったが、追試にて基準をクリアして何とか退所を免れたそうだ。

第3回記録会では基準タイムを見事にクリアして、学科試験を受けたのちに今年3月に卒業予定だ!

原大智選手のプライベート

探してもこれといった情報が出てこなかった。

今はプロ競輪選手に向けて大事な時期だからプライベートな時間を確保するのが難しいのかもしれないね。

原大智選手の目標

原大智6

「プロ選手になって22年北京冬季オリンピック、24年夏季オリンピックを目指している。最終的には日本が誇るスポーツ選手になりたい。」
と意気込みを語っていた。

今後、競輪とモーグルの2競技で活躍が期待される原大智選手に目が離せないね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。